• ホーム
  • PMS(月経前症候群)について

PMS(月経前症候群)について

月経がはじまる前、下腹部の痛みや腰がだるくなるなどの症状を訴える人が沢山います。
女性は性周期があり、排卵の前後では性ホルモンの分泌が異なるため、人それぞれ、体の変化が異なります。
体が重くなったりむくみがでる、ないしは、乳房がはってイライラするなどの症状が出たり、頭痛または眠気、下腹部の不快感が出て、生理が始まると、今まであった不快な症状がなくなる体の変化のことをPMS(月経前症候群)ないしは月経前緊張症と呼んでいます。
ほとんどの女性が経験しているにも関わらず、いまだに原因がはっきりしていないのが実情です。

これはホルモンのバランスが崩れることが原因といわれています。
また自律神経や精神的なストレスが一因ともされています。
多くの女性たちは毎月の生理は嫌なものととらえがちですが、月経が来るのは健康なのですから、嫌なものとしてとらえるのではなく、前向きなものとして考え方を変えるようにしましょう。
「PMS(月経前症候群)について」の知識をしっかり理解を深めたうえで、体がむくんでいる時は、塩分を控えたり、水分を少なめにし、なるべくリラックスした生活を心掛けるようにしたいものです。
症状が重く日常生活に支障をきたすようであれば婦人科を受診なさることをオススメします。