元気を出す女性

過多月経と過少月経はどちらも月経に関係する女性の特有の病状です。
これらの月経不順は、ホルモンバランスの乱れが原因とされています。
しかしそれらが、大きな病気のサインであることも少なくありません。

まず過多月経とは、経血量が非常に多くて普段の生活に支障をきたす状態をいいます。
症状としては、ナプキンが1時間もたないほどの経血量で、経血の中にレバーのような塊が見られます。
視床下部、脳下垂体、卵巣などの女性ホルモン分泌に関係する器官に何らかの異常が起こって、無排卵周期になっていることが原因です。
また、黄体ホルモンの分泌が不十分で黄体機能不全を起こしています。
過多月経の病状が悪化すると鉄欠乏性貧血になります。
これは、全身に酸素を運ぶヘモグロビンが十分に作られないことが原因で起こる貧血で、日常生活で多く見られます。

月経による定期的な出血で鉄が不足する女性に多い病気です。
鉄欠乏性貧血になると、立ちくらみやめまいがしたり、頭痛や頭を重く感じたりします。
この貧血は進行が遅いので、自覚症状に乏しい場合があります。
また過多月経は子宮の病気が原因である場合があり、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症などの可能性があります。
これらの病気は、生殖年齢の女性に多く見られます。

一方、過少月経は経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血がわずかに付く程度の状態をいいます。
女性ホルモンの分泌量が少なく、子宮内膜の厚みが薄くなる、また子宮自体の発育不全が原因です。
また甲状腺機能異常の可能性もあります。
過少月経の病状が続くと、月経は来ているが排卵しない無排卵月経になる恐れがあります。
長い間放置すると不妊症のリスクを高めます。

記事一覧
トリキュラーを飲むことのメリットはこんなにある! 2019年07月09日

トリキュラーは、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)の働きによって、避妊効果を発揮する低用量避妊ピルです。トリキュラーは、卵胞ホルモン(エストロゲン)配合量は21日間一定ですが、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日、5日、10日と三段階変わります。前...

PMDD(月経前不機嫌性障害)について 2019年09月06日

PMDD(月経前不機嫌性障害)とは、月経前症候群と比べて精神症状や身体症状が重いものの事を言います。特に精神症状の重さが強く、アメリカの精神医学会の診断基準では、特定不能のうつ病性障害となっているほどです。正常な月経周期のある女性のうち、およそ3%から8%の女性に見られる症状だと言われています。具体...

PMS(月経前症候群)について 2019年09月25日

月経がはじまる前、下腹部の痛みや腰がだるくなるなどの症状を訴える人が沢山います。女性は性周期があり、排卵の前後では性ホルモンの分泌が異なるため、人それぞれ、体の変化が異なります。体が重くなったりむくみがでる、ないしは、乳房がはってイライラするなどの症状が出たり、頭痛または眠気、下腹部の不快感が出て、...

女性特有のがん(癌)の種類について 2019年08月09日

癌にはさまざまな種類がありますが、女性特有の癌というものがあります。女性特有の癌の種類には、乳がんや卵巣がん、子宮体がん等があります。癌の種類によって、それぞれ症状が異なります。乳がんでは、乳房にしこりができたり、乳房が部分的にくぼんだりするといった症状が出ます。出産の経験がないという方や、閉経が遅...

トリキュラーは飲み忘れないように 2019年07月22日

トリキュラーは、避妊効果を維持するために、飲み忘れないことが重要です。一日一錠、決められた順番に、ほぼ同じ時間に服用するようにします。飲み忘れた場合には、飲み忘れが24時間を過ぎていなければ気付いた時間ですぐに服用します。そして、その日の分も通常通りに服用します。トリキュラーの服用をやめると、抑えら...